ディスプレイなしではじめるRaspberry Pi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスプレイなしではじめるRaspberry Pi

Raspberry Piで最初に引っかかることが多いのがHDMIディスプレイが必須という点ではないでしょうか。また、外付けキーボードもないと入力ができず不便な思いをします。しかも最初のセットアップに必要なだけで、後々はディスプレイなしで作業するのが基本になってきます。

そこで今回はディスプレイなしでRaspberry Piのセットアップを行う手軽な方法について紹介します。

有線LANに接続する

一番手軽な方法として、Raspberry Piを有線LANにつなぐのが挙げられます。なお、注意点としてはルーターがDHCPに対応していなければなりません。IPアドレスが自動で割り当てられない場合は、この方法ではセットアップできないでしょう。

ここで知りたいのはRaspberry PiのIPアドレスになります。

Mac OSXの場合

母艦となるコンピュータ上で arp-scan コマンドを実行します。Homebrewの場合は次のコマンドでインストールできます。

Windowsの場合

SoftPerfect WiFi Guardというソフトウェアが便利そうです。一定時間ごとに更新してくれるので、Raspberry Piが接続できたのがすぐに確認できます。

インターネット共有を使う

Mac OSXの場合、インターネット共有を使うことができます。最近のモデルではLANモジュールがなくなっていますので、Apple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタを使ってThunderboltをLANケーブルに差し込み、そこからインターネット共有を設定してRaspberry Piに接続します。

詳しくはIoT – MacとRaspberry piをインターネット共有でつないでみる – Qiitaをご覧ください。

Raspberry Piを接続する

接続したら、立ち上がるのを待ちつつコマンドを打ってみます。例えば次のように表示されるでしょう。

Raspberry Piが立ち上がると次のようになります。

Windowsの場合は次のようになります。

SSHで接続する

後はRaspberry PiにSSHでログインします。ユーザ名はpi、初期パスワードはraspberryです。

SSHでログインできれば、後は自由に操作できるようになるでしょう。WiFiモジュールを設定すれば、次回以降の起動ではLANケーブルも不要になります。

注意点

この方法はパソコンとRaspberry Piが同じLAN内にいて、かつPingが通る状態でしかできません。不特定多数が使うネットワークの場合、互いのコンピュータが見えないように設定されている場合もありますので注意してください。


ハッカソンやハンズオンでRaspberry Piとコンピュータを接続する必要がある時を考えて、モバイルルータを持って行くと安心です(クレードル付き、LANケーブルも必要です)。普段の環境と違うとデバイスとの接続方法も全く変わってきますのでくれぐれもご注意ください!

ディスプレイなしではじめるRaspberry Pi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です