クリスマスツリーをIoT化してみた 動かしてみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事は IoTLT Advent Calendar 24日目の記事です。

はじめに

ニフティ新卒2年目のgoya813です。IoTデザインセンターという部署でエンジニアをやっています。

今回はニフティの受付に飾られているクリスマスツリーをIoT化して実際に動かした結果どうなったのかについて話していきます。

概要などのはクリスマスツリーをIoT化してみた 概要と仕組みに書いていますのでそちらもぜひ見てください。

最終的にできたもの

↓が実際に動かした動画です

サービスオーナメントを降るとサンタが現れて、プレゼントを置いていっているのがわかります。サービスオーナメントは35個ありますが全部同じように動きます。

ちゃんと使ってもらえたか

こちらのクリスマスツリーIoT化したものは12/19~12/22の4日間稼働させていました。
また、全社掲示板で「商談がある場合は是非使って欲しい」ということを通知したところ以下のような結果となりました。

12/19

15696495_1221026504657969_1326583771_o1

12/20

15681921_1221026491324637_866932661_o1

12/22

15696858_1221026074658012_1519314090_o

画面上いっぱいにサービスブロックがあることがわかります(予想以上に使われたので実際は画面外にもサービスブロックが溢れています)。

Good/Bad

クリスマスツリー化をやってみて良かったところや反省点がいくつかあったので下にまとめました。

Good

  • 多くのお客さんに使ってもらった
  • バッテリー交換をせずにすんだ
  • 35個全部動かすことができた

Bad

  • 稼働期間が短かった
  • ログを取るのを忘れていた
  • 回路基板の方が初日間に合わなかった(初日は15個しか作れなかった)

最後に

クリスマスツリーIoT化をするにあたって手作業で35個の回路基板を半田付けをするなど、大変なことがたくさんありましたが周りの協力があり無事成功する事ができました。今回作成した回路基板などは他のイベントでも使おうと思っているのでその時があればまた記事にしてまとめたいと思います!

参考資料

BLEモジュールの資料

クリスマスツリーをIoT化してみた 動かしてみて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です