IoTとは?読み方は?IoTとは何かを分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IoTとは?読み方は?IoTとは何かを分かりやすく解説

あらゆる産業にIT技術が活用されている現代において、インターネットは既にインフラと呼べる技術として根付いています。そのような中で近年、インターネットを利用した「IoT」というコンセプトが各産業を席巻しています。これからの商品開発やマーケティング戦略策定のためには、理解しておかなければならない概念と言えるでしょう。今回は「IoT」とは何か、分かりやすく解説します。

 

IoT(アイオーティー)とは?

IoTは「Internet of Things」の頭文字をとった略語で、読み方はそのまま「アイオーティー」となります。直訳すると「モノのインターネット」、つまり、インターネットによる情報伝達機能を「モノ」に対して組み込むことで、モノとモノ、モノとヒト、そして最近ではモノとコトさえも、インターネットでつなぐ仕組みを表しています。
ここで言う「モノ」はスマートフォンやタブレット端末などだけでなく、それ自体がインターネットに接続できるように作られていないモノも含みます。

現在のIoTが実現しているものの多くは「離れた場所にあるモノの状態の把握」「離れた場所にあるモノの操作」です。
イメージしやすいのは冷暖房などの家電でしょうか。夏場、帰宅するタイミングに合わせて冷房を効かせておきたい場合、以前であれば帰宅時間を予測して外出前にセットする必要がありましたが、IoT化によって外出先や帰り道にスマートフォンから冷房のスイッチを入れることができるようになりました。

既に多くの分野でIoTが活用されており、インターネットを介して便利な機能を提供しています。自覚していなくても知らず知らずのうちに、その恩恵を受けているかもしれません。

IoTの事例紹介

「モノのインターネット」と聞いて、具体的なイメージをするのはなかなか難しいかもしれません。しかし前述の通り、既に多くのIoT製品が世の中の便利さを支えています。いくつか例をご紹介しますので、IoTがどのように利用されているか、確認してみてください。

自宅のロック機能

自宅を出て職場に到着した後に、鍵を閉めたか不安になったことはないでしょうか。そういった「もしもの不安」を解消すべく開発されたのが、インターネットによる遠隔操作で開け閉めを行うロックです。スマートフォンによる操作でどこからでもロック状況の確認や、施錠を行えるため、常に安心して外出することができます。さらにカメラ付きの製品だと、来訪者の顔を確認した上で、遠隔で施錠や開閉まで行えるため、遠隔での子供の見守りや、家事代行の対応などに活用されています。

ペットの位置・状態を確認できる首輪

位置情報を利用したIoT機器として挙げられるのがペット用IoT首輪です。首輪に組み込まれたセンサーによって取得された位置情報をアプリ等で提供。そのため、ペットが自宅でおとなしくしているか外出先から確認できるほか、万が一迷子になってしまった際にも位置情報から探し出すことができます。
また、心拍計や温度計の機能がある首輪であれば、ペットの健康状態をいつでも把握できるため、1人暮らしでペットを飼っている方の心強い味方となってくれるでしょう。

各産業における活用も盛ん

医療分野では、ウェアラブルデバイスを活用した患者の健康管理が始まっており、迅速な医師の対応や、効率的な医療サポートに役立っています。
近年では、農産業においてもIoTが普及しており、遠隔での水やりや肥料まきの自動化、作物状態管理など、IoTを利用した効率化が進んでいるようです。

「モノのインターネット化」の今後に注目


IoT普及の背景の1つには、無線通信技術の進化があります。3G、4G回線の一般化により、現在ではスマートフォンなどを利用して、有線接続と遜色ない速度でどこでもインターネットが利用できるようになりました。このストレスフリーな通信は、IoTの要である遠隔での情報取得や操作に大きく貢献します。実際に、現在一般家庭向けに流通しているIoT機器のほとんどは、スマートフォンのアプリで操作することが前提となっています。

現在、インターネットを介して遠隔管理・操作できる機能を持ったIoT製品は多数あり、その機能も多岐にわたっています。最新の高性能なセンサーでモノの動きなどの情報を得られるほか、モノ周辺の情報(温度・湿度、照度など)をモニタリングすることもできます。それらによって得た情報を利用して、コンピューターに自動で制御させたり、スマートフォンに通知させて自分で遠隔操作をしたり、その活用シーンの幅広さから、今まさにIoTの市場規模は拡大しているのです。

おわりに

今回はIoTについて基本的な部分をご紹介しました。
現在でも多くの産業や一般向け家電などにIoTのアイデアが採用されていますが、その可能性はまだまだ尽きていません。アイデア次第では、今後のビジネスの常識を劇的に変えていくことも考えられます。

そして、広く分散した数多くのモノから集めたビッグデータを活用して、さまざまな業務の効率化を図ったり、これまで可視化することが難しかった情報を見えるようにしたり、人々の生活をより豊かにするための足掛かりとなり得るのがIoTです。IoTに関する事業に携わることになった際には、その点を意識しておくと良いでしょう。

 

◆IoTの基礎が分かる資料を無料でダウンロード◆
IoTの「仕組み」や「市場」、「価値」などIoT活用の基礎についてまとめています。
また、ニフティIoTデザインセンターのサービス紹介や事例の一部もご紹介しています。
 

 
◆IoTまるわかり講座(無料)申し込み受付中◆

IoTはさまざまな分野で活用が期待されていますが、活用の幅が広い分、具体的にどう取り組めばいいか、
悩む声も多く聞かれます。本講座では、「そもそもIoTとは何か?M2Mとの違いは?」「IoT活用のポイントは?」
「実際に他社はどのようにメリットを出しているのか?」について解説します。
【開催概要】
 ・日時 :7月13日(木)15:00~(受付開始 14:30)
 ・会場 :富士通クラウドテクノロジーズ株式会社/セミナールーム(新宿)
 ・参加費:無料

IoTとは?読み方は?IoTとは何かを分かりやすく解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です