製造業のサービス化とは。製品のサービス化が加速する背景と課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
製造業のサービス化とは。製品のサービス化が加速する背景と課題

「製造業のサービス化」とは、製造業が生産している製品に「サービス」という概念を付加したビジネスを行うことで、従来の価値観を大きく変えていくことです。サービス化を進めていくにあたっては「企業が顧客に提供する価値とは何か」というビジネスの根幹を再定義する意味合いがあり、顧客に提供するモノやサービスの本質を突き詰めて考える必要もあるでしょう。
また、製品にサービスを付加するにあたり欠かせない要素がICTです。特にIoT(全てのモノがインターネットに繋がること)は重要なキーワードであり、アイデア次第でビジネスの幅をより広げることができます。
今回は、製造業のサービス化の背景や具体例、IoTとの関わりや導入時の課題をご説明します。
 

製品のサービス化が加速する背景


従来、製造業はモノを作って売る業態でした。しかし、製品のコモディティ化が進み機能の差異がなくなりつつある現在、各企業は他社の競合製品との差別化に苦しんでいます。また、近年では顧客の価格志向も顕著になっています。
また、カーシェアリングの利用率増加にも見られるよう、消費者がモノの所有に価値を見出さなくなりつつある点も、製造業には逆風となり得ます。現代の消費者にとってモノとは「余計なコストをかけてまで所有するもの」ではなく、「必要な時に必要な分だけ利用できれば良いもの」なのです。

これらを背景に、製品販売だけではなく「サービスの付加で製品の価値を高める」ことや「必要な価値を必要な時に提供する」ことが「製造業のサービス化」であるといえます。次項では、「製造業のサービス化」の具体例をご紹介します。

具体例1:サービスを付加して製品の価値を高める

鉄道車両製造企業A社は、車両に安定稼働を保証するサービスを付加しました。鉄道車両にセンサーを組み込み、稼働データをインターネット経由で収集・分析し、部品や装置の取り換えタイミングを予測しています。必要以上の点検や部品交換の前倒しなどの無駄を減らし、稼働率・定時運行率向上という成果を出すことで顧客満足度を上げています。

GPSでの位置情報確認や、製品の遠隔操作を可能とするサービスを提供したり、稼働状況や機器のメンテナンス情報をリアルタイムで管理したりすることで、製品自体の価値を高めているのです。製品販売が前提となる点は従来通りですが、機能の追求より価値あるサービスとのセットに重点を置く考え方です。

具体例2:製品の使用状況に応じて課金する

航空エンジン製造企業B社は、エンジン使用時間あたりの出力に対して課金する方式を取り入れています。エンジンにセンサーを内蔵してインターネット経由で利用量やエンジンの異常検知、点検や修理のタイミング等を顧客に知らせています。

これは製品導入時には料金を徴収せずに、使用分だけに課金を行うビジネスモデルです。ユーザーは製品そのものより、使った結果に価値を見出すという考えに基づいています。
先進的かつ試行錯誤が必要な取り組みといえますが、企業は「収益率の高いサービスを提供できる」「顧客の囲い込みが見込める」「ユーザーの声を製品に反映できる」等のメリットを享受できます。またユーザーにとっても「保守要員が削減できる」「成果に対する支払いにお得感がある」等のメリットがあります。
これから製造業のサービス化を検討するには

IoTにより広がりを見せている製造業のサービス化

新たなビジネスモデルを支えているのは、ICTの技術革新です。IoTやAI、クラウドなどの新技術が安価に利用できるようになり、ビジネスの幅を広げることを可能にしているのです。

モノがインターネットと繋がるIoTでは、リアルタイムで製品の状況が把握できます。従来は定期的に点検や部品交換を行う必要がありましたが、IoTでは異常の兆候をセンサーが検知し、遠隔地にもすぐ情報を通知できます。過剰な点検や部品交換といった無駄が省け、保守点検者による常時監視も不要になる点もメリットです。

リアルタイム情報に即した行動で無駄をなくし、ユーザーの気付きを得て新たな商品開発やサービスに繋げることで、提供する製品の価値がより高まる可能性が広がったといえます。

これから製造業のサービス化を検討するには


新たなビジネスモデルの構築が期待できる「製造業のサービス化」。しかし、実際の導入にはいくつか課題があります。

・付加サービスによっては新たな製品設計およびサービス企画ができる人材が必要
・サービス運用や保守を行うために、社内の体制構築が必要
・サービスを従量課金や月額課金にする場合の決済手段や収益管理の見直しが必要

これらの課題に対し前向きに対応することで競合他社との競争に勝ち抜き、製造業としても次のステップに進むことができます。

おわりに

製造業のサービス化は、これまで生産側ができなかった、製品の使用状況の把握やエンドユーザーとの直接的な接点を持つことを可能にします。これによって、ビジネスモデルの転換や、新たな市場への参入につながるなど、ビジネスの幅を拡大につながると言われています。IoTを主体とする技術が安価で利用できるようになった今こそ、それらを積極的に活用して企業の競争力を高めるチャンスといえます。IoTを活用し、製造業・製品のサービス化を推し進めてはいかがでしょうか。

 

◆IoTまるわかり講座(無料)申し込み受付中◆

IoTはさまざまな分野で活用が期待されていますが、活用の幅が広い分、具体的にどう取り組めばいいか、
悩む声も多く聞かれます。本講座では、「そもそもIoTとは何か?M2Mとの違いは?」「IoT活用のポイントは?」
「実際に他社はどのようにメリットを出しているのか?」について解説します。
【開催概要】
 ・日時 :8月7日(月)15:00~(受付開始 14:30)
 ・会場 :富士通クラウドテクノロジーズ株式会社/セミナールーム(新宿)
 ・参加費:無料

 

◆IoTの基礎が分かる資料を無料でダウンロード◆
IoTの「仕組み」や「市場」、「価値」などIoT活用の基礎についてまとめています。
また、ニフティIoTデザインセンターのサービス紹介や事例の一部もご紹介しています。
 

製造業のサービス化とは。製品のサービス化が加速する背景と課題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です